公正証書遺言と自筆証書遺言 どちらがよい?

Q&A 公正証書遺言と自筆証書遺言 どちらがよい?

Q.私もそろそろ遺言をしたためようかと考えています。公証役場に行って作成する公正証書遺言と、自分で書く自筆証書遺言とでは、法的な効力に違いがあるのですか?

 

A.法的効力には違いはありません。

 

遺言書が公正証書遺言でも自筆証書遺言でも、法的効力は同じです。

両者の違いは、作成手順や要件、相続手続きを行うときの家庭裁判所の検認の有無などです。

しかし、遺言内容を確実に相続人に伝え、実行してもらうには、公正証書遺言がお勧めです。

 

自筆証書遺言よりも公正証書遺言をお勧めする理由は、次の通りです。

 

<公正証書遺言のメリット>

●法律のプロである公証人が関与するため、形式の不備による遺言の無効がまずない

●公証役場が遺言の原本を保管するため、紛失や改ざんの危険性が極めて少ない

●遺言に書きたい内容を公証人に伝えればよく、字が書けなくても作成できる

●遺言者が亡くなった後に、遺言を家庭裁判所に持っていく必要がなく、すぐ手続きに入れる

 

<自筆証書遺言のデメリット>

●遺言の書き方を少しでも間違えると無効になる

●紛失、改ざんの恐れがある

●遺言者が亡くなった後、家庭裁判所で遺言の検認を受ける必要があり、手続きに時間がかかる

●「自筆」が要件なので、字を書けない状態では作成不可能

 

欧米では遺言書を書くことはとても一般的なことのようですが、

日本では遺言書にあまり馴染みがなく、書くことに抵抗を感じる方も少なくはありません。

 

そのような中で、せっかく重い腰を上げて作成した遺言書なのに、形式的な不備が原因で法的に無効になってしまうことはできれば避けたいところです。

 

そのような点で、遺言書を書く場合には、公正証書遺言をお勧めすることが多いです。

 

 

 

相続・贈与について気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

お知らせの最新記事

お気軽にお電話ください お気軽にご相談・お問合せください 0120-70-2306 受付時間 8:30-20:00 つながらない場合 043-306-2306まで 無料相談の詳細はこちら

サポートメニュー ~残された家族が安心の相続を実現するために~

相続の生前対策をお考えの方のサポート

  • 円満に相続してもらいたい 生前贈与・遺言のご相談
  • 少しでも税金を抑えたい 相続税の節税対策
  • 生前に財産を贈与したい 土地・建物の相続対策
  • 子供の納税負担を減らしたい 相続税の納税資金準備

相続が発生した方のサポート

  • 相続税。どうしたらいいの? 相続税のご相談
  • 相続税の申告が必要かどうかわからない 相続税無料シミュレーション
  • 申告期限が近づいている方へ 最短2週間スピード申告
  • 相続って何から始めたらいいの? 相続発生後の手続き
  • 相続税の申告はどうしたらいいの? 相続税の申告方法
  • 相続税の納付はどうしたらいいの? 相続税の納付方法

不動産に関するサポート

  • マイホームをお持ちの方へ 自宅評価額無料診断プラン
  • 農地をお持ちの方へ 農地相続プラン

その他のサポート

  • お勤めの方へ サラリーマン応援プラン
  • 公務員・元公務員の方へ 公務員の方向けプラン

解決事例

PAGE TOP