#29 「名義預金」とみなされないためには

「愛する家族にお金を残してあげたい」と、配偶者や子、孫などの名義で預金口座を作り預金をその口座に移し替えている方は珍しくありません

しかし、その方が亡くなった後、たとえば税務調査等によってその財産が「実質的に」亡くなった方のものだとなれば、相続税の課税対象の遺産になります

このような預金を、名義預金、名義借預金などと表現することがあります

■ 名義預金は相続税の課税対象!

形式的には、配偶者や子、孫など被相続人以外の方の名義になっていたとしても

実質的に名義人と異なる方が支配・管理している財産について、

被相続人の名義預金にあたらないか、という視点で税務調査がなされることあります

名義預金と判断される財産に対しては、相続税が課税されます

■ 名義預金の判断基準

名義預金は、たとえば次のような基準により判断されます

● 通帳・印鑑の管理は誰が行っていたか、
● 預金の原資は誰が負担していたか、
● 受取利息は誰が費消していたか、
● 贈与税の申告をしているかどうか、

たとえば

「通帳の保管場所や印鑑を預金の名義人本人が把握していない」、「名義人本人が口座の存在を知らない」、

であれば、預金を管理していた人の財産として扱われる場合があります

妻や子などの名義の預金は、その財産形成の原資がどこなのか、という点も重要です

たとえば被相続人の口座から単に振り替えられているのであれば、名義預金とみなされる可能性が高くなるといえるでしょう

専業主婦や未成年の子、孫など、口座名義人に収入がない場合、

これらの者の名義の預金残高が増える理由として、夫(父)からの贈与によるものが多いからです

この場合、贈与税の申告がなされていないと、名義預金と疑われてしまうかもしれません

では、名義預金とされないためには、どのようにすればよいのでしょうか?

■ 名義預金とみなされないための対策例

まず、配偶者や親などから、見知らぬ自分名義の口座の存在を知らされた方は、

“通帳と印鑑を自分で管理するようにする”、“自分の口座なので、自由に引き出してお金を利用する”といった対策が有効です

その金額が、贈与税の基礎控除額を超える場合には、あわせて贈与税の申告と納付を行います

ただし長期に渡り少額ずつ資金移動した名義預金であっても、もらう側に認識がなかった場合には、その場で預金額を一括贈与したと判断される場合もあります

お知らせの最新記事

お気軽にお電話ください お気軽にご相談・お問合せください 0120-70-2306 受付時間 8:30-20:00 つながらない場合 043-306-2306まで 無料相談の詳細はこちら

サポートメニュー ~残された家族が安心の相続を実現するために~

相続の生前対策をお考えの方のサポート

  • 円満に相続してもらいたい 生前贈与・遺言のご相談
  • 少しでも税金を抑えたい 相続税の節税対策
  • 生前に財産を贈与したい 土地・建物の相続対策
  • 子供の納税負担を減らしたい 相続税の納税資金準備

相続が発生した方のサポート

  • 相続税。どうしたらいいの? 相続税のご相談
  • 相続税の申告が必要かどうかわからない 相続税無料シミュレーション
  • 申告期限が近づいている方へ 最短2週間スピード申告
  • 相続って何から始めたらいいの? 相続発生後の手続き
  • 相続税の申告はどうしたらいいの? 相続税の申告方法
  • 相続税の納付はどうしたらいいの? 相続税の納付方法

不動産に関するサポート

  • マイホームをお持ちの方へ 自宅評価額無料診断プラン
  • 農地をお持ちの方へ 農地相続プラン

その他のサポート

  • お勤めの方へ サラリーマン応援プラン
  • 公務員・元公務員の方へ 公務員の方向けプラン

解決事例

PAGE TOP