お知らせ

東京都江東区 全て代行、訪問対応も可能

ご相談時の状況 被相続人:母 相続人:長女のみ(精神障がいあり) 財産 自宅マンション1部屋、マンション1階の店舗を区分所有 現預金 保険金 ご相談内容 長女が重度のうつ病であり、施設の方からご相談があった。 解決内容 財産のご状況がわからなかったので、財産調査から開始した。 相続人ご本人が来社も難しい・郵送も難しいという状況であったため、全て訪問にて対応した。 保険金
続きを読む >>

#60 遺産分割する際に不公平感が生まれるケース?

相続財産はできるだけ円満に分割したいものです。相続財産が預貯金だけなら円満かつ公平な分割もさほど難しくないかもしれません。しかし実際は相続財産には不動産や非上場会社の株式が含まれることが多く、公平に分けにくいこともあります 今回は、いくつかの具体的な事例を交えながら、遺産分割の公平・不公平を考えてみたいと思います   不公平感が生まれた遺産分割 (1)代償分割の場合
続きを読む >>

#59 不動産を売買した方が1年以内にするべき税金手続は?

残しておいても誰も住まない家や、管理の手間だけがかかってしまうような土地は、相続対策として相続が発生する前に処分しておきたいものです 逆に現預金が多い場合は、相続対策として不動産を購入するケースもあります そこで今回は、不動産を売買した方に関係する税金関係を簡単にご紹介します   □不動産の売買で発生する税金 (1)不動産を売却した場合 不動産を売却したと
続きを読む >>

#58 個人版事業承継税制とは?

次世代経営者への事業承継が問題となるのは、法人だけではなく個人事業主であっても同じです これまでの事業承継にかかる贈与税や相続税の猶予・免除といった事業承継税制の対象となるのとなるのは法人のみでした このたび2019年の税制改正によって、個人事業主を対象とした贈与税や相続税の猶予・免税制度が創設されました   今回はその制度の内容について解説していきます  
続きを読む >>

#57 空き家特例改正で老人ホーム入居も特例の対象に

相続人が被相続人の住居を相続したのちに売却した場合、一定の要件をみたすと譲渡所得から最高3000万円まで控除される制度『被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例』(通称『空き家特例』)を受けることができます   これまでは被相続人が生前に老人ホームに入居した場合には適用外でしたが、2019年の改正で老人ホーム入居も特例対象となりました 具体的な変更点を簡
続きを読む >>

#57 『住宅取得資金贈与制度』とは?

9/10の相続ニュースで、消費税増税後でも『住宅取得資金贈与制度』を活用すれば、住宅取得費用を抑えられることをご紹介しました (詳しくは「#55 住宅資金贈与について」をご参照ください)   #55 『住宅取得資金贈与制度』について   しかし相続税対策上は住宅取得資金贈与制度を使わない方がよいケースも考えられます。今回は相続対策の視点から住宅取得資金贈与
続きを読む >>

#56 配偶者に住む家を残したい!『配偶者居住権』とは?

住まいは、生活を営むうえで根本的な基盤となるものです。自分の死後も妻(または夫)には、安心して自宅に住み続けてほしいものです しかし、遺産の大部分が自宅が占める場合に、配偶者が自宅を相続すると他の相続人の法定相続分を充たす分に不足が生じることから、結果として売却をして現金で遺産分割をせざるをえないケースがあります また、配偶者が自宅を相続しても、預貯金などの金融資産をほかの相続人が相続
続きを読む >>

数次で見る相続 「41.9%」

2018年12月に国税庁が発表した「平成29年分の相続税の申告状況について」によると、 2017年中に相続税申告のあった相続財産のうち、土地及び家屋が占める割合は「41.9%」でした   主な相続財産は自宅不動産で、現預金は少ない一方、相続人は多数いるという場合、財産を分割するために配偶者や子が被相続人と住んでいた家を手放すことになったり、相続税の納税が困難になったりするお
続きを読む >>

セミナー開催 2019年10月11日/幕張テクノガーデン

2019年10月11日(金) 相続セミナー を開催いたします 【セミナーについて】 □会場:幕張テクノガーデンB棟7階 住友林業㈱千葉支店 ショールーム 会議室 (千葉市美浜区中瀬1-3) □テーマ:「相続税を自分で計算してみよう!第5回目」 授業形式で行います。税理士と一緒に、実例を用いて相続税を学びながら、ご自身で電卓をはじいて税金を試算にチャレンジする、という内容です □スケジュー
続きを読む >>

#55 『住宅取得資金贈与制度』について

子どもや孫が家を取得するときに親が取得資金を贈与すると贈与税の対象になります しかし、『住宅取得資金贈与制度』を活用すれば一定額まで非課税にすることが可能です 住宅取得資金贈与制度は、消費税増税後に活用の幅がさらに広がることが予想されます   そこで今回は、住宅取得資金贈与制度について簡単にご説明したいと思います   ■消費税増税後は非課税枠が拡大
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
お気軽にお電話ください お気軽にご相談・お問合せください 0120-70-2306 受付時間 8:30-20:00 つながらない場合 043-306-2306まで 無料相談の詳細はこちら

サポートメニュー ~残された家族が安心の相続を実現するために~

相続の生前対策をお考えの方のサポート

  • 円満に相続してもらいたい 生前贈与・遺言のご相談
  • 少しでも税金を抑えたい 相続税の節税対策
  • 生前に財産を贈与したい 土地・建物の相続対策
  • 子供の納税負担を減らしたい 相続税の納税資金準備

相続が発生した方のサポート

  • 相続税。どうしたらいいの? 相続税のご相談
  • 相続税の申告が必要かどうかわからない 相続税無料シミュレーション
  • 申告期限が近づいている方へ 最短2週間スピード申告
  • 相続って何から始めたらいいの? 相続発生後の手続き
  • 相続税の申告はどうしたらいいの? 相続税の申告方法
  • 相続税の納付はどうしたらいいの? 相続税の納付方法

不動産に関するサポート

  • マイホームをお持ちの方へ 自宅評価額無料診断プラン
  • 農地をお持ちの方へ 農地相続プラン

その他のサポート

  • お勤めの方へ サラリーマン応援プラン
  • 公務員・元公務員の方へ 公務員の方向けプラン

解決事例

PAGE TOP