お知らせ

#105 「贈与」と「相続」 生前から考えておく節税対策

相続税の節税対策として生前贈与を活用する方も多いでしょう ただし贈与にも税金がかかるので、相続税を減らせたとしても、贈与税を含めたトータルでの税負担額が増えてしまっては意味がありません 今回は、相続と贈与の違いについて基本的な部分を簡単に確認したいと思います   子が家を購入する際に父親が資金援助をしたり、孫の大学の学費を祖母が援助したりなど、対価を得 ずに無償で誰かに財産を譲
続きを読む >>

#104 相続税額を算出するための相続財産の評価について

相続が始まったとき、まず行うのが「相続人の確定」と「相続財産の確定」です このうち相続財産の確定の作業において、相続財産が相続税の基礎控除額を超える場合には、特定した相続財産の評価を行い相続税評価額を算出して、相続税を計算する作業が発生します 今回は『相続財産の評価』について簡単にご説明します   相続財産には、預貯金や不動産のほかさまざまな種類がありますが、相続税を計算するため
続きを読む >>

#103 ローン返済中の親が亡くなったら残債は相続人が支払う?

子が親の財産を相続するとき、相続財産のなかに自宅や投資アパートなどの不動産が含まれていることはよくあります ではその不動産を購入・建築するため被相続人が金融機関から借入を行っていて、相続がおきた際に残債があった場合、相続人である子はその借入金の返済義務を引き継ぐことになるのでしょうか 今回は、住宅ローンが残った不動産の相続について簡単に解説します   相続財産には、預貯金や不動産
続きを読む >>

数字で見る相続 「男性81.41歳 女性 87.45歳」

厚生労働省が発表した『令和元年簡易生命表』によれば、2019年の日本人の平均寿命は男性81.41歳、女性87.45歳で、ともに過去最高を更新しました   高齢化が進む現代では、自身の相続について「まだまだ先のこと」と考えがちです 実際、弊社でご相談をお受けする方の多くも、「気にはなっている」から相談はしてみたけど、一方で、「まだ元気なので実感が湧かない、もうしばらく後で実感が湧いて
続きを読む >>

#110 『お盆』 家族と話す相続・終活のこと

普段別々生活している親族同士がお盆で顔を合わせることも増えるでしょう。普段は離れている親族が、そろって顔を合わせる貴重な機会なので、ぜひ相続について話し合ってみてください 今回は、行事などで集まった親族に、相続について話す際のポイントについてです 自身の相続準備を始めるためには、相続についての自分の考えを家族と共有することも大切です 家族が改まって顔を合わせる機会を作るのは難しいご時世ですが
続きを読む >>

#102 「配偶者居住権」の上手な活用

残された配偶者が被相続人の所有する建物に居住していた場合に、被相続人が亡くなった後も安心して自宅に住み続けられる権利である『配偶者居住権』 これは、残された配偶者がいままで通りの生活を送れるようにするための方策の一環ですが、相続税の節税手段としても使えることがあります 今回は、配偶者居住権と節税の関係について簡単にご紹介します   配偶者居住権は、被相続人が所有していた自宅に
続きを読む >>

#101 法定後見制度と資産運用

もし認知症になってしまったら、贈与や売買などができなくなってしまいます 家族が認知症になった場合に、成年後見制度を利用する人も多くいますが、資産運用しながら成年後見制度を活用するのはなかなか難しいといえます。そこで今回は、資産運用と成年後見制度の注意点について説明します ※法律上の後見には、法定後見と任意後見がありますが、ここでは法定後見について記載します   DC(確定拠出年金
続きを読む >>

数字で見る相続 「0.5%下落」

国土交通省が発表した『令和3年地価公示』によれば、2021年1月1日時点の公示地価(全国平均)は、前年比0.5%マイナスと6年ぶりに減少しました 用途別では、住宅地では前年比0.4%マイナス、商業地で同0.8%マイナスとなり、ともに前年までの緩やかな成長から下落に転じました なかでも商業地の下落幅は大きく、全都道府県のうち39都府県でマイナスとなり、東京23区でも平均2.1%マイナスと大幅に下
続きを読む >>

#100 教育資金の一括贈与制度

「資産を子や孫に渡したい」という方に多く利用されているのが、教育資金の一括贈与制度です この制度を使えば、1500万円までは非課税で贈与することができます 非課税枠が大きいため相続税対策としても有効ですが、一方で安易な利用が思わぬ負担を生じることもありますので、細かなルールについてもきちんと理解しておく必要があります 今回は、教育資金の一括贈与制度を注意点とあわせて簡単にご説明します &n
続きを読む >>

#99 生前の不動産の分割

相続財産に不動産が含まれていると、不動産を引き継ぐ相続人を決めなければなりません 相続人が決まらない場合、不動産は全ての相続人の共有財産となります。この場合、他の共有者の同意なしに不動産の売却などの処分などができなくなるほか、共有者が死亡すれば権利がさらに複雑化してトラブルが発生しやすくなります 今回は不動産の生前対策としての『土地の分割』について簡単に解説したいと思います  
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
お気軽にお電話ください お気軽にご相談・お問合せください 0120-70-2306 受付時間 8:30-20:00 つながらない場合 043-306-2306まで 無料相談の詳細はこちら0120-70-2306

サポートメニュー ~残された家族が安心の相続を実現するために~

相続の生前対策をお考えの方のサポート

  • 円満に相続してもらいたい 生前贈与・遺言のご相談
  • 少しでも税金を抑えたい 相続税の節税対策
  • 生前に財産を贈与したい 土地・建物の相続対策
  • 子供の納税負担を減らしたい 相続税の納税資金準備

相続が発生した方のサポート

  • 相続税。どうしたらいいの? 相続税のご相談
  • 相続税の申告が必要かどうかわからない 相続税無料シミュレーション
  • 申告期限が近づいている方へ 最短2週間スピード申告
  • 相続って何から始めたらいいの? 相続発生後の手続き
  • 相続税の申告はどうしたらいいの? 相続税の申告方法
  • 相続税の納付はどうしたらいいの? 相続税の納付方法

不動産に関するサポート

  • マイホームをお持ちの方へ 自宅評価額無料診断プラン
  • 農地をお持ちの方へ 農地相続プラン

その他のサポート

  • お勤めの方へ サラリーマン応援プラン
  • 公務員・元公務員の方へ 公務員の方向けプラン
PAGE TOP