相続した土地を他の土地と交換すると税金がかかる?

Q. 父が住んでいた土地を兄弟2人で相続し、そこに兄が住むことになりました。兄がすでに居住用として所有していた別の土地と、父より弟が相続した土地部分とを交換しようと考えています。この際、税金はかかりますか?

A. 不動産の売買や交換を行った場合、譲渡所得税がかかることがあります。しかし不動産の交換特例を要件を満たせば譲渡所得税がかからないことがあります(確定申告は必要です)

■ 不動産の交換の特例と適用条件

不動産の交換の特例とは、固定資産を交換したときに一定の条件を満たす場合に所得税がかからないとする特例制度です。全ての不動産の交換に適用できるわけではありません

不動産の交換特例を使うためには、いくつか条件があります。

●交換する資産は固定資産であり、『土地と土地、建物と建物』というように、同じ種類であること

●譲渡・取得する資産は1年以上所有していたものであること

●資産は交換目的のために取得したものではないこと

●宅地から宅地など、譲渡後も同じ用途に使用すること

●譲渡資産と取得資産の時価差額が20%以内であること

 

今回のケースでは、相続が始まる前に将来家を建てて住む目的で土地を購入していたため、その他の条件を満たしていれば不動産の交換特例を使うことができます。譲渡がなかったものとみなされて所得税がかかりません。しかしもし相続財産の共有部分を買い取るために別の土地を購入したような場合は、この特例は認められません。また交換に伴って相手方から交換差金を受け取ったときは、その交換差金が課税対象となります

 

■ 確定申告は忘れずに!
不動産の交換特例を受けるためには確定申告の際に必要事項を記載し、譲渡所得の内訳書を添付しなければなりません。要件を満たしていそうだから、所得税がかからないから、といって確定申告をしないでいると、不動産の交換の特例を受けることができませんので注意しましょう

Q&Aの最新記事

お気軽にお電話ください お気軽にご相談・お問合せください 0120-70-2306 受付時間 8:30-20:00 つながらない場合 043-306-2306まで 無料相談の詳細はこちら

サポートメニュー ~残された家族が安心の相続を実現するために~

相続の生前対策をお考えの方のサポート

  • 円満に相続してもらいたい 生前贈与・遺言のご相談
  • 少しでも税金を抑えたい 相続税の節税対策
  • 生前に財産を贈与したい 土地・建物の相続対策
  • 子供の納税負担を減らしたい 相続税の納税資金準備

相続が発生した方のサポート

  • 相続税。どうしたらいいの? 相続税のご相談
  • 相続税の申告が必要かどうかわからない 相続税無料シミュレーション
  • 申告期限が近づいている方へ 最短2週間スピード申告
  • 相続って何から始めたらいいの? 相続発生後の手続き
  • 相続税の申告はどうしたらいいの? 相続税の申告方法
  • 相続税の納付はどうしたらいいの? 相続税の納付方法

不動産に関するサポート

  • マイホームをお持ちの方へ 自宅評価額無料診断プラン
  • 農地をお持ちの方へ 農地相続プラン

その他のサポート

  • お勤めの方へ サラリーマン応援プラン
  • 公務員・元公務員の方へ 公務員の方向けプラン

解決事例

PAGE TOP