事業承継プラン

事業承継とは、会社(事業)を現在の経営者から、後継者に引き継ぐ形で譲渡することです。

具体的には、事業だけでなく、会社の株式や財産、役職等、これまで経営者として保有、管理してきた様々なものを、後継者に譲り渡すことになります。

 

このようなお悩みはありませんか?

・後継者を決める相談に乗ってもらいたい
・事業承継に向けたプランの作成を手伝ってもらいたい
・事業承継でいくら資金が必要になるのかを知りたい
・M&Aも含めた会社の未来を一緒に考えてもらいたい

私たちは、こうした悩みを抱えている経営者の方々からも多くのご相談を頂いております。

 

事業承継の方針

事業承継といってもその方法は多岐に渡ります。

・親族承継
・社内承継(従業員への承継)
・社外承継
・M&Aによる承継

このうちどの方法を取るのか?という方針の決定が事業承継におけるスタートになります。

方針が決まれば、それに従って事業承継を進めていくこととなります。

 

事業承継の方針が決まったら

事業承継では、承継方針の決定が最大の課題ではあります。

しかし、承継の方針が決まったとしても、事業承継に向けた資金対策、自社株の譲渡の方法、経営権移行のタイミング、事業承継後の経営の安定化など、数多くの課題を解決しなくてはなりません。

これを、経営者お一人で行うのは非常に困難なことで、少なからず専門家によるサポートを受けながら進めていただくことをお勧めしています。

当事務所では、税理士・FPの共同サポート体制により、株価引き下げ対策や株式分散対策、事業承継を円滑に進めるための計画策定、事業承継後の事業計画までトータルにサポートしております。

現経営者と次期経営者の中で発生する経営ビジョンの差や、経営方針、人事問題についての解決策などに関しても事業承継がスムーズに進むようにサポートしています。

 

事業承継成功のためのステップ

これまでサポートさせていただいてきた実績から、事業承継を成功に導くためのポイントを解説させていただきます。

1.自社の現状分析を実施する

事業承継のスタート地点は、「現状分析」です。

売上や利益、資金繰りなどの数値的な部分の経営に関することだけでなく、前経営者が作ってきた会社の従業員、人脈、顧客などを知ることが現状分析のスタートです。

特に、これから解決すべき課題、自社がこれまで目指してきたものを把握しておきます。

2.会社の中期的計画を考える

事業計画の中では承継後に解決していく課題以外にも、事業承継の中で解決しなければいけない課題がいくつか存在しています。

主な課題として、

①自社株の承継(経営権の集中と分散した株式の回収)
②相続財産の承継(事業資産の後継者への集中化)
③事業承継に際して必要な資金の確保

が存在しています。

これらは計画性を持って解決に当たらない限り、解決が難しい課題です。

いかにスムーズに解決できるかは、事業承継前からの計画立案が非常に重要となります。

承継前~承継後の経営まで一貫性を持った中期的な計画作成も、事業承継の中では重要な対策となります。

事業承継においても皆様のお役に立てるサポートをご用意しております。

ぜひ一度ご相談ください。

お気軽にお電話ください お気軽にご相談・お問合せください 0120-70-2306 受付時間 8:30-20:00 つながらない場合 043-306-2306まで 無料相談の詳細はこちら

サポートメニュー ~残された家族が安心の相続を実現するために~

相続の生前対策をお考えの方のサポート

  • 円満に相続してもらいたい 生前贈与・遺言のご相談
  • 少しでも税金を抑えたい 相続税の節税対策
  • 生前に財産を贈与したい 土地・建物の相続対策
  • 子供の納税負担を減らしたい 相続税の納税資金準備

相続が発生した方のサポート

  • 相続税。どうしたらいいの? 相続税のご相談
  • 相続税の申告が必要かどうかわからない 相続税無料シミュレーション
  • 申告期限が近づいている方へ 最短2週間スピード申告
  • 相続って何から始めたらいいの? 相続発生後の手続き
  • 相続税の申告はどうしたらいいの? 相続税の申告方法
  • 相続税の納付はどうしたらいいの? 相続税の納付方法

不動産に関するサポート

  • マイホームをお持ちの方へ 自宅評価額無料診断プラン
  • 農地をお持ちの方へ 農地相続プラン

その他のサポート

  • お勤めの方へ サラリーマン応援プラン
  • 公務員・元公務員の方へ 公務員の方向けプラン

解決事例

PAGE TOP