#60 遺産分割する際に不公平感が生まれるケース?

相続財産はできるだけ円満に分割したいものです。相続財産が預貯金だけなら円満かつ公平な分割もさほど難しくないかもしれません。しかし実際は相続財産には不動産や非上場会社の株式が含まれることが多く、公平に分けにくいこともあります

今回は、いくつかの具体的な事例を交えながら、遺産分割の公平・不公平を考えてみたいと思います

 

不公平感が生まれた遺産分割

(1)代償分割の場合

代償分割は、『1億円相当の土地を長男が相続する代わりに、もう1人の相続人である二男には5000万円の現金を長男から代償金として渡す』という遺産分割の方法です

資産価値1億円の2分の1にあたる現金が二男に渡っているため一見公平な遺産分割に思えます。ところが実際には不公平感を感じる相続人がいるかもしれません

たとえば長男です。土地を相続した長男は、今後は毎年固定資産税を支払わなければなりません

また仮に土地を売って現金化するにしても、売却交渉の手間・時間の負担がかかるばかりか、売却時に譲渡益が出ると譲渡税課税がなされるため最終的に長男の手元に5000万円が残ることはありません

 

(2)土地を分筆して分ける場合

土地が相続財産である場合、長男・二男での共有ではなく、土地を分筆してそれぞれを単独で相続することがあります

この際、きちんと検討せず単純に面積2分の1で分けるような分割をしてしまうと、後で取り返しのつかない価値の棄損につながりることがあります

たとえば道路に接道している土地とそうでない土地に分筆して分けてしまった場合です

書面上は平等に見えますが、接道がとれない土地は無道路地として建物が建ちません。また、その土地に入るために他人の土地を通らなければならなくなる等の事情から、接道している土地に比べて資産価値は著しく下落したものになってしまうでしょう

また、いずれの土地も接道がとれているにしても、面している道路幅員から容積率の制限を受けることもあります

土地の面積だけではなく、資産価値を基準に分割することを考えることが必要でしょう

(3)非上場株式を承継する場合

長男が会社を継ぎ1億円相当の株式を相続し、二男は2000万円の現預金・不動産を相続した、というような事業承継の場合、

事業後継者である長男の相続財産額が多くなるケースがあります

このケースでは長男が二男よりも8000万円多く相続しているため、二男から見れば不公平感を感じることあるでしょう

一方で、長男としても、非上場株式は換金性が極めて乏しいことから、現預金や不動産を相続した二男の方が恵まれていると感じてしまうかもしれません

 

このように書面上・表面上では公平に分割しているように見えても、実態は不公平感が生まれているケースも少なくありません

この記事を担当した税理士

いわみ会計事務所

代表

岩見 文吾

保有資格

公認会計士・税理士・行政書士・FP

専門分野

相続・会計

経歴

いわみ会計事務所の代表を勤める。大手監査法人での勤務を経て、2013年にいわみ会計事務所を開業。会計監査業務のみならず、相続に関しても年間200件近くの相談に対応するベテラン。その他、相続に関する多数のセミナー講師も引き受けている。


サポート料金
サポート料金

お知らせの最新記事

お気軽にお電話ください お気軽にご相談・お問合せください 0120-70-2306 受付時間 8:30-20:00 つながらない場合 043-306-2306まで 無料相談の詳細はこちら

サポートメニュー ~残された家族が安心の相続を実現するために~

相続の生前対策をお考えの方のサポート

  • 円満に相続してもらいたい 生前贈与・遺言のご相談
  • 少しでも税金を抑えたい 相続税の節税対策
  • 生前に財産を贈与したい 土地・建物の相続対策
  • 子供の納税負担を減らしたい 相続税の納税資金準備

相続が発生した方のサポート

  • 相続税。どうしたらいいの? 相続税のご相談
  • 相続税の申告が必要かどうかわからない 相続税無料シミュレーション
  • 申告期限が近づいている方へ 最短2週間スピード申告
  • 相続って何から始めたらいいの? 相続発生後の手続き
  • 相続税の申告はどうしたらいいの? 相続税の申告方法
  • 相続税の納付はどうしたらいいの? 相続税の納付方法

不動産に関するサポート

  • マイホームをお持ちの方へ 自宅評価額無料診断プラン
  • 農地をお持ちの方へ 農地相続プラン

その他のサポート

  • お勤めの方へ サラリーマン応援プラン
  • 公務員・元公務員の方へ 公務員の方向けプラン

解決事例

PAGE TOP