#78 生命保険金の受取人が先に死亡していた場合

生命保険の受取人を配偶者にしていた場合に、被保険者より先に指定受取人である配偶者が亡くなってしまうこともあるでしょう

受取人の変更をすることなく、その後被保険者が亡くなった場合、その生命保険金は誰が取得することになるのでしょうか

今回は、生命保険の指定受取人が死亡していた場合の受取人と受取額、そして生命保険金の非課税枠との兼ね合いなどについて簡単にご説明します

 

■指定受取人が先に死亡していたら、指定受取人の法定相続人が受取人になる

たとえば、両親と長男・二男の4人家族がいたとします

あるとき母親が亡くなり、数年後に父親が死亡しました

相続のため父親の財産を調べたところ、生命保険金があることがわかったものの、受取人は母親となっていたします

この場合、誰が生命保険金を受け取るのかというと、『法定相続人』が受取人となります

ここで重要なのは、誰の法定相続人なのか、ということです。『被保険者』の法定相続人ではなく『保険金の受取人』の法定相続人となることに注意が必要です

 

今回のケースでは、子2人は、指定受取人である母親の法定相続人であると同時に、父親の法定相続人でもありますから、いずれにしても保険金を受け取ることができます

しかし仮に、保険金の受取人が母親ではなくすでに離婚した元配偶者や第三者だった場合、

子が保険金を受け取れないというケースが出てくることになります

特に、離婚したのに受取人を元配偶者から変更していなかったとなるとトラブルに発展しやすくなってしまいます

指定受取人が死亡した場合は、早急に受取人の変更の見直しを検討するようにしましょう

 

■生命保険金の分配方法、非課税枠の適用はどうなる?

では生命保険金はどのように分配するのでしょうか

生命保険金は法定相続人で法定相続割合に応じて分配します

先の事例で生命保険金が1500万円だったとすると、長男と二男が750万円ずつ受け取ります

このとき、相続税の計算はどのようになるのかについても重要な問題です

母親の法定相続人である子2人が生命保険金を相続した場合、子は父親の法定相続人でもあるため、生命保険金の非課税枠が適用されます

生命保険金の非課税枠は【500万円×法定相続人の数】です

この非課税枠を受け取った保険金の額に応じて分配します

今回のケースでは、非課税枠は全体で1000万円となり、1500万円の生命保険金を子2人が750万円ずつ分けますから、非課税枠は長男が500万円、二男が500万円となり、それを超える金額は課税財産となります

 

一方、生命保険金の受取人が法定相続人ではない場合は非課税枠の適用はありません

 

生命保険は、加入してから保険金の支払いまでの期間が非常に長くなるケースが多いです

受け取ってほしい人にきちんと保険金を渡すためにも、定期的に指定受取人を含めて見直すことが大切です

この記事を担当した税理士

いわみ会計事務所

代表

岩見 文吾

保有資格

公認会計士・税理士・行政書士・FP

専門分野

相続・会計

経歴

いわみ会計事務所の代表を勤める。大手監査法人での勤務を経て、2013年にいわみ会計事務所を開業。会計監査業務のみならず、相続に関しても年間200件近くの相談に対応するベテラン。その他、相続に関する多数のセミナー講師も引き受けている。


サポート料金
サポート料金

お知らせの最新記事

お気軽にお電話ください お気軽にご相談・お問合せください 0120-70-2306 受付時間 8:30-20:00 つながらない場合 043-306-2306まで 無料相談の詳細はこちら0120-70-2306

サポートメニュー ~残された家族が安心の相続を実現するために~

相続の生前対策をお考えの方のサポート

  • 円満に相続してもらいたい 生前贈与・遺言のご相談
  • 少しでも税金を抑えたい 相続税の節税対策
  • 生前に財産を贈与したい 土地・建物の相続対策
  • 子供の納税負担を減らしたい 相続税の納税資金準備

相続が発生した方のサポート

  • 相続税。どうしたらいいの? 相続税のご相談
  • 相続税の申告が必要かどうかわからない 相続税無料シミュレーション
  • 申告期限が近づいている方へ 最短2週間スピード申告
  • 相続って何から始めたらいいの? 相続発生後の手続き
  • 相続税の申告はどうしたらいいの? 相続税の申告方法
  • 相続税の納付はどうしたらいいの? 相続税の納付方法

不動産に関するサポート

  • マイホームをお持ちの方へ 自宅評価額無料診断プラン
  • 農地をお持ちの方へ 農地相続プラン

その他のサポート

  • お勤めの方へ サラリーマン応援プラン
  • 公務員・元公務員の方へ 公務員の方向けプラン

解決事例

PAGE TOP