#76 エンディング・ノートについて

終活の一つとして注目されているエンディングノート

最近では書店や文房具店などで購入ことができ、以前より身近なものになっています

エンディングノートにはどのようなことを書いておけばよいのでしょうか

今回はエンディングノートの基本について簡単に説明します

 

エンディングノートの基本

相続について何の準備もしないままに突然相続がおきてしてしまった場合、

相続人はまず、法定相続人を特定し、相続財産を調べあげなければなりません

しかしこれらは、亡くなった本人であれば容易に知り得た事項だったとしても、実際に手続きをするときにその本人はいません。本人を抜きにして相続人が調査や収集を行わなければなりません

 

相続放棄をするのかどうか、

準確定申告や相続税の申告手続、

相続手続きの中には期限のあるものもあり、のんびりしてもいられません

相続は一生のうちに何度も経験することではありません

相続人は手探りで膨大な相続手続追われることになってしまいます

 

エンディングノートは、書き遺す本人のためというよりは、遺された遺族の負担を減らすために遺族のことを思って書き遺しておくべきうものといえるでしょう

 

エンディングノートは、必ずしも法的効力を伴うものばかりを書くものではありません

細かいことで悩む必要はなく、たくさんの情報を書き残すこともできます

エンディングノートの書き方の具体例

エンディングノートの形式に決まったものはありませんが、たとえば次のようなことと書き遺しておくとよいでしょう

今所有している財産(借金がある場合や、他人の連帯保証人になっている場合などは、その内容もすべて)
自分を中心とした家系図(再婚している場合や婚外子がいる場合も書いておく)
税理士や司法書士など、日頃から相談している専門家がいる場合はその情報
法律上きちんとした遺言書を書き遺しているかどうか

 

市販のセレモニーノートには記入する項目が多いものもありますが、すべてを埋める必要はありません

大事なのは、まずはやってみる、ということだと思います

この記事を担当した税理士

いわみ会計事務所

代表

岩見 文吾

保有資格

公認会計士・税理士・行政書士・FP

専門分野

相続・会計

経歴

いわみ会計事務所の代表を勤める。大手監査法人での勤務を経て、2013年にいわみ会計事務所を開業。会計監査業務のみならず、相続に関しても年間200件近くの相談に対応するベテラン。その他、相続に関する多数のセミナー講師も引き受けている。


サポート料金
サポート料金

お知らせの最新記事

お気軽にお電話ください お気軽にご相談・お問合せください 0120-70-2306 受付時間 8:30-20:00 つながらない場合 043-306-2306まで 無料相談の詳細はこちら0120-70-2306

サポートメニュー ~残された家族が安心の相続を実現するために~

相続の生前対策をお考えの方のサポート

  • 円満に相続してもらいたい 生前贈与・遺言のご相談
  • 少しでも税金を抑えたい 相続税の節税対策
  • 生前に財産を贈与したい 土地・建物の相続対策
  • 子供の納税負担を減らしたい 相続税の納税資金準備

相続が発生した方のサポート

  • 相続税。どうしたらいいの? 相続税のご相談
  • 相続税の申告が必要かどうかわからない 相続税無料シミュレーション
  • 申告期限が近づいている方へ 最短2週間スピード申告
  • 相続って何から始めたらいいの? 相続発生後の手続き
  • 相続税の申告はどうしたらいいの? 相続税の申告方法
  • 相続税の納付はどうしたらいいの? 相続税の納付方法

不動産に関するサポート

  • マイホームをお持ちの方へ 自宅評価額無料診断プラン
  • 農地をお持ちの方へ 農地相続プラン

その他のサポート

  • お勤めの方へ サラリーマン応援プラン
  • 公務員・元公務員の方へ 公務員の方向けプラン

解決事例

PAGE TOP