トラブルになりやすい「代襲相続」とは?

「代襲相続(だいしゅうそうぞく)」という言葉をご存知ですか?

被相続人が死亡するよりも先に相続人が死亡していたこと等により、その相続人の子や孫が代わって相続することを指します。

 

実はこの代襲相続は、トラブルに発展しやすいのです。

 

 

ひとくちに「代襲相続」といっても、幾つかのパターンがあります。

Aさんが被相続人で、親族に財産を相続する場合を考えてみます。

 

2人の息子(Cさん・Dさん)のうち、Cさんが既に亡くなっていると、Cさんの子供(つまりAさんの孫)にあたるC1・C2さんが代襲相続することになります。

 

法定相続分は、次のとおり

・妻Bさん・・・・2分の1

・二男Dさん・・・4分の1

・孫C1さん・C2さん・・・各8分の1ずつ

 

Aさんの財産を相続するDさんの立場からすると、気持ちは複雑です。

Dさんは、自分の甥(姪)にあたるC1・C2と一緒に財産を分割することになります。

もし関係がよくなかったり、疎遠だったりすると、トラブルが起きる可能性があります。

 

 

代襲相続がトラブルになりやすい理由は、「疎遠な関係」にあると考えられます。

関係が遠く、これまでのコミュニケーションの数が少ないほど、トラブルに発展する可能性が大きくなる傾向にあるといえるでしょう。

 

たとえば被相続人に子がなく、相続人が配偶者と兄弟姉妹であった場合や、

被相続人と前妻の間の子に相続が発生していて、相続人が配偶者・その子の他に、前妻との子の代襲相続人である孫であった場合などは、

関係が疎遠であったり、それ以前に面識すらない場合もあるでしょう。

 

円満な相続が望めないことも想定されます。

 

 

このように、代襲相続にはトラブルの原因となる疎遠な人間関係が横たわっていることが少なくありません。何らかの対策が必要になるでしょう。

 

 

 

相続・贈与について気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

お知らせの最新記事

お気軽にお電話ください お気軽にご相談・お問合せください 0120-70-2306 受付時間 8:30-20:00 つながらない場合 043-306-2306まで 無料相談の詳細はこちら

サポートメニュー ~残された家族が安心の相続を実現するために~

相続の生前対策をお考えの方のサポート

  • 円満に相続してもらいたい 生前贈与・遺言のご相談
  • 少しでも税金を抑えたい 相続税の節税対策
  • 生前に財産を贈与したい 土地・建物の相続対策
  • 子供の納税負担を減らしたい 相続税の納税資金準備

相続が発生した方のサポート

  • 相続税。どうしたらいいの? 相続税のご相談
  • 相続税の申告が必要かどうかわからない 相続税無料シミュレーション
  • 申告期限が近づいている方へ 最短2週間スピード申告
  • 相続って何から始めたらいいの? 相続発生後の手続き
  • 相続税の申告はどうしたらいいの? 相続税の申告方法
  • 相続税の納付はどうしたらいいの? 相続税の納付方法

不動産に関するサポート

  • マイホームをお持ちの方へ 自宅評価額無料診断プラン
  • 農地をお持ちの方へ 農地相続プラン

その他のサポート

  • お勤めの方へ サラリーマン応援プラン
  • 公務員・元公務員の方へ 公務員の方向けプラン

解決事例

PAGE TOP