Q&A 孫のために預金口座をつくっている場合はどうすればいい?

Q&A 孫のために預金口座をつくっている場合はどうすればいい?

Q.現在2歳のかわいい孫のために、孫名義で預金口座をつくり、毎月決まった額を入金しています。私が死んだらこの預金は自動的に孫のものになるのでしょうか?

 

A.あなたが亡くなった後自動的にお孫さんの預金になりません。対策を打たないと税務調査でトラブルになることも多いです。

 

お孫さんが現在未成年なのにまとまった金額の預金口座を持っていると、税務調査で以下の点を確認されることがあります。
●通帳・印鑑の管理・支配は誰が行っていたか?
●名義財産の原資は誰が負担していたか?
●贈与税の申告をしているかどうか?

 

贈与は契約行為ですので、財産をあげる人とももらう人の双方が贈与の事実をきちんと認識し合意しなければ成立しません。

あなたが亡くなった時点で、お孫さん名義の預金の通帳や印鑑の場所をお孫さんやその親(=息子・娘)が把握していなかったり、口座の存在自体を知らなかったりすると、贈与が成立していないため、その財産は単にあなたの名義を借りているだけの財産(いわゆる名義借預金)とみなされ、税務上は亡くなったあなたの相続財産として相続税が課されることがあります。

 

 

現時点でできる対策としては、たとえば次のようなものが考えられます。

● 適当なタイミングでお孫さんとその親に預金の存在を知らせ、通帳と印鑑を渡し使用できるようにする

● 同じ額を入金するのではなく金額に差をつける工夫をする。毎年110万円以内の贈与ではなく、ある年にはいくらか基礎控除額を上回る贈与をして、少額でも贈与税を払っておく

 

そもそも贈与が成立していなければ、祖父母の預金とみなされますので、もし多額の預金がある状態で祖父母に相続が発生すれば大変です。税務上は相続税の課税の対象になります。

 

ちなみにこの問題は、夫婦間の場合にも同じ事が起きる可能性があります。つまり、専業主婦だった妻の名義に預金を振り替えたり、妻名義の定期預金を積み立てたとしても、贈与契約がなかったり、贈与税の申告・納付がないなど、贈与の事実がなかっものと認められる場合には、夫に相続が発生したときに妻名義の預金も実質的に夫の遺産とみなして相続税がかかることがあります。

 

せっかくの生前対策も、後に結局効果が認められなかったり、税務処理を否認されてしまっては意味がありません。しっかりと専門家に相談しながら行いましょう。

お知らせの最新記事

お気軽にお電話ください お気軽にご相談・お問合せください 0120-70-2306 受付時間 8:30-20:00 つながらない場合 043-306-2306まで 無料相談の詳細はこちら

サポートメニュー ~残された家族が安心の相続を実現するために~

相続の生前対策をお考えの方のサポート

  • 円満に相続してもらいたい 生前贈与・遺言のご相談
  • 少しでも税金を抑えたい 相続税の節税対策
  • 生前に財産を贈与したい 土地・建物の相続対策
  • 子供の納税負担を減らしたい 相続税の納税資金準備

相続が発生した方のサポート

  • 相続税。どうしたらいいの? 相続税のご相談
  • 相続税の申告が必要かどうかわからない 相続税無料シミュレーション
  • 申告期限が近づいている方へ 最短2週間スピード申告
  • 相続って何から始めたらいいの? 相続発生後の手続き
  • 相続税の申告はどうしたらいいの? 相続税の申告方法
  • 相続税の納付はどうしたらいいの? 相続税の納付方法

不動産に関するサポート

  • マイホームをお持ちの方へ 自宅評価額無料診断プラン
  • 農地をお持ちの方へ 農地相続プラン

その他のサポート

  • お勤めの方へ サラリーマン応援プラン
  • 公務員・元公務員の方へ 公務員の方向けプラン

解決事例

PAGE TOP